一重がコンプレックスだった

もともと目が一重瞼のため化粧をしても目をはっきりした印象にすることができませんでした。

 

コンタクトを使用してはいましたが、カラコンはちょっと不良のような雰囲気があり試すことにためらいがありました。

 

コンタクトの種類をいくつも無料で試せると定期的に購入していたお店で声をかけてもらったことがきっかけで試してみたところ、自分の目にコンプレックスがあったものの印象が変わったことで自信が持てるようになり、それからはカラーでないと自分でないような気がして使うようになりました。

 

初めて会う人などでたまに目はコンタクトですか?と聞かれるもののそれを隠すつもりもないので正直に答えています。

 

かつての自分ならば聞いてほしくないと思ったであろう状況でも堂々としていられるのはカラコンのおかげかもしれません。

私のカラコンの選び方

カラコンって可愛いと思うものを選べばいいだけだと勘違いしがちですが、実はサイズや使用頻度、メンテナンスなどいろいろ考えて選ばなくてはいけません。

 

私は2ウィークだとケアするのが面倒になり、目のトラブルもたびたび起こったことからワンデーに変更しました。

 

ワンデーアキュビューのディファインヴィヴィッドを使用しています。

 

BC8.5のDIA14.2です。

 

サイズなどはコンタクトを購入しているお店の人に任せているので特に選んだ理由はないのですが、カラーについては、明るめな色がよかったというのと髪を染めているのでそれに合わせて装着したいと思ったからです。

 

また、発色のいいカラコンならティアモも評判が良くて、私も実際に使っています。

 

特にコスプレなどをやられる方に好評のようです。

 

アキュビューのディファインは、黒目を大きく見せると黄金比率とよばれる状態になり可愛い瞳になると宣伝されていました。

 

実際に、店頭で広告をみているとコンタクト一つでずいぶん印象が変わるといったイメージを持ちました。

 

実際に写真を撮るとわかるのですが、他の人よりも黒目がはっきりして目の印象が違います。

 

一重でパッとしなくてもコンタクトでカバーできる部分が黒目を大きくすることではないかと思います。

悩んでいるなら使ってみて

コンタクトでも眼鏡でも一重であることには変わりがないのでよく眼鏡をはずすと可愛いギャップのある娘というのはそうそういないなと思っていましたし、私自身も化粧をする前もした後もさほど目の変化はなく自分の顔に嫌悪感を抱く毎日でした。

 

整形をしてどうにかしたいと思う反面そこまでの勇気もなく過ごしていましたが、実際にアキュビューのディファインが出てきたときには注目しており少しでも自分を好きになれるものならば使ってみたいと思っていました。

 

ちょうどお試しで使用でき、その日はそのままお試しのコンタクトをしたまま帰ったのですが、その日一日鏡で自分の顔をチェックしたいという気持ちが自然に出てきたことを昨日のように思い出します。

 

初めて自分の目を好きになれたような気がしました。

 

手術をしたり、お金をかけたりといったことをしなくてもちょっとのお試しの結果自分としてはとてもいいものに巡り会ったと思っています。