メイクなしで目元だけ盛りたい

これまで私はカラコン反対派でした。

 

ここ数年、瞳を大きく見せたいからと、サイズの大き過ぎる真っ黒なディファインをつけている子が多く「死んだ魚の目みたい。

 

何て残念なんだろう」なんて思っていました。

 

しかし、妊娠を機に今では私もすっかりカラコンユーザーです。

 

妊娠初期はメイクをするのも落とすのも億劫…。

 

年齢的にも目の周りの色素沈着が気になるし、なんか良い方法ないかなと考えていた時に、カラコンがとても自然な方に出会いました。

 

表情の読み取れる自然な色合い・色素が薄く涼しげに見える瞳を見て、私もこうなりたい!と思ったのがキッカケでした。

 

妊娠中体調が悪くても外出しなければならない時があり、そんな時はカラコンにマスクだけで割と見苦しくなかったので(笑)つわり期にはカラコンマストで生きていました。

 

子供が産まれたら、きっと自分の美容になんて構っていられないだろうな。

 

この先もカラコンヘビーユーザーです。

プティアのカラコン

吉川ひなのさんプロデュースのPutia(プティア)ワンデーカラコン/お気に入りの色はパームブラン・サイズは14.2o/私がカラコンを選ぶ上で重視していることは、@不自然でないかA瞳が澄んで見えるかの2点です。

 

@については、自分の瞳のサイズを把握した上で、プラス2oだったので大き過ぎないと判断しました。

 

また、コンタクトの縁取りがくっきりしたものではなく、グラデーションのあるタイプを選ぶことで、いかにもカラコンをつけてます!という瞳になるのを避けました。

 

Aについては、主に色合いです。

 

友達がつけているものやインスタグラム等を見て、きれいだなと思う色を探しました。

 

私は元々の瞳が茶色なので、少しブルーが入っていたりすると気持ちが悪い色になります。

 

自分の瞳に近いブラウン系、もしくは光が入ったように見えるグレー系を選ぶことが多いです。

メイクに時間を取られないのがいい

単純に、見た目とメイク時間が変わりました。

 

劇的に可愛くなったわけではないですが、どこか垢抜けた印象になったと言ってもらえることが増えました。

 

また、これまではアイメイクを完成させるために、ラインを引いてアイシャドウを塗ってビューラーでまつ毛を上げた後でマスカラを塗って…と目力に費やす時間がとても長かったです。

 

それは落とす時も同様で、ウォータープルーフマスカラ専用のクレンジングで優しくオフして…とかなり手間でした。

 

アイメイクにかける時間が長いということは、その間ずっと目元をいじくりまわしているわけだから、色素沈着に繋がるし小ジワだってできかねません。

 

この作業の時短ができたことによってエイジングケアもでき、カラコン様様です。

関連ページ

アイコフレ
私はもともと目がきついと言われることが多く、自分の目つきの悪さにすごく悩んでいました。それが理由でカラコンを使ってみようと思い、アイコフレのワンデーを使うようになったところ、表情が柔らかくなったと言われるようになりました。
お人形さんみたいになりたい
カラコンというとギャルっぽいイメージを持つ方は多いですが、お人形さんっぽい感じのカラコンを探している方におすすめなのがプレミアイズです。結構有名な方も使っているもので、私は16mmのかなり大きいものがお気に入りです。
学校でバレない
校則の厳しい学校などであからさまなカラコンをすることはできないという方におすすめなのがナチュラルに盛れるフレッシュルックデイリーズのイルミネートというシリーズです。会社勤めの方でもバレないと思いますよ。